Marc Urselli(エンジニア)

スイス出身、イタリア育ちの世界的に有名な録音エンジニア、作曲家、プロデューサー。 テレビや映画音楽を作曲、またコマーシャルのサウンドデザインも手掛ける。12歳でピアノを始め、すでに17歳でイタリアに最初のレコーディング設備をオープンした。 後にニューヨークへ移住し、かの有名なイーストサイド・サウンドのチーフエンジニアとなる。
2005年にRoy HagroveのプロジェクトRH Factorによる “Strength” のレコーディングに参加し、ベスト・コンテンポラリー・ジャズアルバムにノミネートされる。 同年、Lila Downのアルバム “Una Sangre (One Blood)” のレコーディングに参加し、ラテングラミー賞のベスト・フォークアルバム賞を受賞した。 加えて2006年にマーク・ウルセリ自身が2つのグラミー賞をエンジニアリングとミキシングで受賞する。
受賞部門はベスト・インストゥルメンタル・ロック・パフォーマンス賞とベスト・インストゥルメンタル・ポップ・パフォーマンス賞で、 作品はLes Paul & Friendsの “American Made, World Played” である。
この作品にはフィーチャリングとしてSTING, Joss Stone, Eric Clapton, Jeff Beck, Keith Richards(Rolling Stones), Buddy Guy, Richie Sambora(Bon Jovi), Johnny Rzeznick(Goo Goo Dolls), ZZ Top, Sam Cooke, Joe Perry(Aerosmith), Mick Hucknall(Simply Red), Steve Lukather(Toto)など多数の豪華アーティストが参加している。またライブでの音響エンジニアとしてEliane Elias, John Zorn, Laurie Anderson, Lou Reedといった多くのアーティストのライブに参加している。
また近年では2011年にLaurie Andersonのアルバムでベスト・ポップ・インストゥルメンタル賞にノミネートされる。
以下がマークが手がけたアーティストの一例である。
Lou Reed / John Zorn / Mike Patton / STING / Eric Clapton / Jeff Beck / Buddy Guy / Keith Richards / Kenny Wayne Shepard / Spyro Gyra / Edgar Winter / Cindy Lauper / Frank Gambale / Hikashu / Sayuri Goto / Chuck Rainey / Ikue Mori / Makigami Koichi


コメント

カミナリケーブルをとても気に入ってるんだ。全てのケーブルに確かな品質を感じるし、君の求めていた音を出してくれるだろう。ミュージシャン、特にギタリストにはもちろんオススメなんだけど、ライブハウスやスタジオで働く人にも是非使ってみて欲しいね。


Marc Urselli × KAMINARI GUITARS


Marc Urselli オフィシャルサイト

http://www.marcurselli.com/music/