中野豊

KAMINARI Electric Guitar Cable 使用

KAMINARI Electric Bass Cable 使用

KAMINARI Acoustic Cable 使用

16歳の時に友人からエレキ・ギターを譲り受けたのをきっかけにギターを始め、その面白さに病みつきになる。学生時代に組んでいたジャズ・フュージョン・バンド「ハング・ライジ」で1983年にレコード・デビュー。その後、大江千里、麗美、織田裕二、小泉今日子、KANなど、100組を超えるアーティストのレコーディングやライブのサポートを経験。ファンキーなリズム・ワークからロック・フィール溢れるソロ・ワーク、呼吸感のあるオブリガードなど、幅広い音楽性を持つ。
また、エフェクターを含む楽器・機材への造詣も深く、全国展開中のBOSSやRolandのワークショップの講師として実践的なクリニックが好評を博している。著書に「プロフェッショナル・エフェクター・テクニック」、「プロフェッショナル・エフェクター・テクニック2〜GT-100完全攻略編」=シンコーミュージック・エンタテイメント刊。


Electric Guitar Cable コメント

「Electric Guitar Cable」はエレキギターのオイシイ中域を表現できるケーブルだと感じました。サウンドのレンジが広すぎず、クセの無い自然な鳴り方。特に、レコーディング時のアンプ直に近い状況や、GT-100などをラインで使う場合などに重宝します。コンパクト・エフェクターを多用するライブ時には、レンジの広い「Electric Bass Cable」を使用する予定でいます。また、しなやかで取り回しが良いところも大変気に入ってます。


中野豊 ブログ

http://yutakanakano14.blogspot.jp