植田真梨恵

KAMINARI Acoustic Cable 使用

KAMINARI Electric Guitar Cable 使用

KAMINARI Curl Cable 使用

福岡県、久留米市出身。中学卒業を期に、「歌を歌いたい」と、故郷福岡から単身大阪へ。自らの音楽をジャンルで縛りたくないという思いから、15歳で作詞作曲を始め、16歳の春、力強いハイトーンボイスと怖いもの知らずのライブパフォーマンスがレコード会社スタッフの目にとまり、本格的な音楽制作活動に入る。以降、17歳で1st Mini AL『退屈なコッペリア』、18歳で2nd Mini AL『U.M.E.』、19歳で3rd Mini AL『葬るリキッドルーム』とコンスタントに、インディーズレーベルよりリリースを続け、2012年、初めてのフルアルバム『センチメンタルなリズム』をリリースし、夏にはアルバムを引っ提げてのワンマンライブ、植田真梨恵LIVE”センチメンタルなリズム”を東京と大阪で敢行。続く2013年には三枚組シングル『心/S/サ』のリリースのほか、その圧倒的なライブでの伝播力から、植田真梨恵LIVE「カレンダーの13月」(東京・大阪)、植田真梨恵LIVE”心/S/サ”(東京・大阪)を含む、ワンマンライブ全公演SOLD OUTを記録。2014年1月には渋谷クラブクアトロと梅田クラブクアトロにて、植田真梨恵LIVE TOUR 2014 LIVE OF “LAZWARD PIANO” AT QUATTROを開催し、リリースもタイアップも絡めることなく成功に導く。16歳の初ライブから実に7年、2014年8月6日、長年のインディーズ活動が実を結び、全国32局でパワープレイを獲得したシングル「彼に守ってほしい10のこと」でメジャーデビュー。東阪で行ったワンマンツアーUTAUTAU vol.1も早々にソールドアウトを記録。続く11月にはギターレスのピアノロック「ザクロの実」を2ndシングルとしてリリースし、大晦日には、COUNTDOWN JAPAN FESに出演を果たす。ピアノツアー”LIVE OF LAZWARD PIANO-青い廃墟-“で幕を開けた2015年は、2月にメジャー1stアルバムのリリースと初の全国4公演ツアー植田真梨恵LIVE TOUR 2015「はなしはそれからだ」を敢行。初日LIQUIDROOMからファイナルBIGCATまで駆け抜けた。夏にはインディーズデビューとメジャーデビューそれぞれの周年を記念した弾き語りワンマン「たったひとりのワンマンライブ vol.2」(東京・大阪)の開催と3rdシングル「わかんないのはいやだ」のリリース、秋には2本目の4公演ツアーUTAUTAU vol.2の開催が決定。「届くべきところに届くまで歌い続ける」強い決意をもって、前進し続ける。


植田真梨恵 オフィシャルサイト

http://uedamarie.com/index.html