CONCEPT

KAMINARI GUITARSは、大量生産・消費社会で失われつつある、ひと手間もふた手間もかけて作られていた優れたモノを、これまでの歴史、現代の技術や知識、それらを融合させて新しいモノとして誕生させていきたい、という基本姿勢がコンセプトとなっています。そして全ての製品をUSA製・日本製のみにこだわり「高品質な物を適正価格で提供する」事を常に考え、製作しております。
50年代・60年代に欧米が創った楽器は本当に優れたモノ達であり、そこから素晴らしい音楽が数多く生まれたことは周知の事実ですが、70年代に入ると日本の技術力が欧米の楽器に非常に大きな影響を及ぼしていることは意外に注目されていない事実です。
日本には昔から「ひと手間かける」という文化がありますが、KAMINARI GUITARSではそのひと手間を惜しまず、たとえ見えない部分であってもその意識を強く持って商品を創っています。
それが「旧き良き時代のモノを現代に供給する」ということであり、「粋=カッコイイ」に通ずるものと信じているからです。

一例として、写真はSwinger’69のブリッジ部分
ブリッジプレートはUSA製のVintageパーツを入手し、それを型取って日本国内で復刻製作しています。ブリッジサドル(写真はスパイラルサドル)はインチ規格USA製、そして高さ調節ネジはインチマイナスネジを入手しインサートしています。試作時の高さ調節ネジは六角イモネジでしたが、製品はすべてマイナスネジを採用いたしました。
このサドル高さ調整マイナスネジのインチ規格は、入手困難であったり見つけられたとしても意外に高価であったりするパーツです。こういった「改良」という方向のマイナーチェンジは常に行っていく予定です。このコンセプトの基、ギター・ベース・パーツ・ケーブル等、随時企画開発中です。どの商品もKAMINARI GUITARSならではのポテンシャルを持ったオリジナル製品であることは変わりありません。
今後もKAMINARI GUITARSにどうぞご期待ください。


Although KAMINARI Guitars is on the verge of losing mass production and consumption society,
it has never lost its concept in combining history, modern technology,and knowledge to give birth to new and excellent guitars.Sticking only to American and Japanese product for all KAMINARI Guitars.

It was during the 50s and 60s when many high quality and great Western musical instruments were created.
In the 70s, the Japanese technological capabilities made a profound effect on Western musical instruments but went unnoticed.

The Japanese culture has a saying that there is “not enough small labor”.
But without compromise, we KAMINARI Guitars have worked with quality and care in the outside and also in the places unseen,
combining the old and good in all aspects of the KAMINARI Guitars.